読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Aqours First Love Live!〜Step!ZERO to ONE〜DAY2』備忘録【中盤戦】


中盤戦です。プレイボール。


──────

【M9.トリコリコPLEASE!!】

前曲の余韻に浸ってたら即イントロで置いていかれそうになりましたが、秒でカチ上がり余裕でした。我らがAZALEAの登場です。

え、ちょっと待って衣装可愛すぎか…………!?

CYaRon!に引き続き、CDジャケットで花丸・果南・ダイヤが着ている衣装を具現化してきたAZALEA。
きんぐのリボンがジャケ絵より主張大きめで可愛い。清純派。すわわのポニテリボンもホームラン級の打点の高さです。あれ、ひとりだけエロス全開の人がいるなあ……

実際、ありしゃの肩出し鎖骨出しは色気が反則級でした。モニターに映る度に心臓が燃えそうだった。トリコリコリコ〜。


『君よいつかトリコになって〜』の部分のきんぐがあ〜りえん可愛かった。

『波立つ心に気付いてPLEASE〜』
あ、きれい松浦果南だ。


ありしゃの落ちサビソロパート、いいねぇ〜。ここでピタッとクラップが止まるので、より際立ちますね。



【MC】トリコリコステッキから溢れ出るセラムン感。次曲に入る前に『この中で一番下っ端だからマルが片付けるずら』っつって3人分のステッキ回収するきんぐがメチャクチャ好きです。早くこの辺も円盤で観たいな。





【M10.ときめき分類学

この曲かなり好きなので、MC終わる前からずっとドキドキしてましたが、いよいよ持って殺しに来たかという感じでした。殺されました。背景演出や振り付け、何もかも満点です。

自分の中に芽生えた恋心の正体を探すために右往左往、そして一歩を踏み出す……そんな曲ですが、終始儚げに囁くような歌い方がグッと来ます。


Bメロのきんぐソロは必聴。こっちの耳たぶが熱なるわ。


ステージ上に立つ3人の背景には、イメージカラーの大きな花が徐々に花弁を付けていく演出が。さらに、サビに入った瞬間に花弁が一斉にモニター全体を舞う演出も入り、まるでPVを観ているかのような感覚に。こういうの本当に良いなあ。

それとシンクロするように3人も宙に手を伸ばしながら歌うわけですが、これも表情が注目ポイント。「夜空はなんでも知ってるの?」に続いて、ユニット曲はライブで化けるなぁと。


ここで特筆すべきと言えばやはり2番後の間奏パート。『A.Z.E.A.L.A. "AZALEA" ...…』でしょう。このために横アリ来たんだって。マジで。


『ためらい 捨てたら…… ときめき?』の部分はさらに要注目。3人の儚い表情がヤバいんだって。マジで。ためらい捨てたらときめきなんだって。マジで。マジ。


最後の『Why do I think...?』まで目が離せません。

語彙力を持っていかれる2曲でした。




【M11. Strawberry Trapper】

『Ready?』
またもや前曲の余韻に浸ってる暇はねえぞと言わんばかりに画面にドデカく稲妻が走ります。愛こそ全ての御三方、Guilty Kissが颯爽登場。


前2ユニットとは打って変わって、独自のダークな雰囲気で盛り上げるギルキス。BiBiといい、3番手のユニットは独特の空気を持ってますね。『待ってないよ…LOVE!!』辺りから会場全体がリアルに地響き(?)を起こしてて驚き。スタンドからでも体感できる揺れでした。


個人的に注目したのは、曲中を通してのりきゃこの表情と鋭い目付き。完全に堕天モード入ってます。こんなん即ロックオンです。何かしら取り憑いてんちゃうんかとツッコミ入れたくなるくらいにめっっっちゃ本気の眼光で思わず卒倒しそうになっちゃった。ソロパートの『背後に歩み寄る〜』辺りなんかはBlu-rayが発売されたら特に観返したいシーンのひとつ。


背景演出もなかなかに凝っていて、それぞれのピンカメラを縁取るイメージカラーのフレームが良い意味でおどろおどろしい。血飛沫(?)のような模様も画面のそこかしこ飛び散ったりとV系のライブを彷彿とさせるもので、さらにカメラワークがまぁ〜揺れる揺れる。ムーブムーブ。画面演出と併せて荒ぶるカメラがチビるほど格好良いのです。そこに前述のりきゃこ含むあいきゃん、あいにゃの3人が被さるともう……これ以上は語彙が足らねえ。


あいきゃん&あいにゃがスタンドマイクを持ってパフォーマンスしたり、りきゃこが必殺ギルティハイキックを披露したりと振り付けも非常にハイカロリーなものに仕上げられており、テンションが休まる暇がありません。ずっと天井届きっぱなしです。空前絶後超絶怒涛です。


この楽曲で一番の見所 \ヨハネ、召喚/

りきゃこがその鋭い目付きのまま感情の入った声で召喚してくれるのに上乗せで、怒涛のあいきゃんソロパートで追い込み。ピンスポの当たる堕天使の御姿はそれはそれはもう、正直死ぬかと思いました。死んだかもしれません。


エモギター間奏からのあいにゃの『ロッッッックオ〜〜〜〜〜ン!!!!』でこの日のテンションが天井を突き破りました。体力全振りで再度死にかけてました。

最後の『狙い定めたよ』まで息つく暇がありません。完全に持って行かれましたね。まだ11曲目やぞ。



【M12. Guilty Night, Guilty Kiss!】

バリバリEDMなナンバーでギルキス快進撃。
最初の投げキスで他界しそうになりました。チュッ。

『大胆なのは生まれつきなのさ〜』の部分のあいにゃ、色気たっぷりで大変です。大変なのです。ついでに振り付けも色気たっぷりな上に、その都度モニターにはキスマークが現れるのでもうさらに大変です。大変なんだって。

2番Bメロ『真剣なのにふざけてみせたり そういうことが楽しいの〜』の部分でりきゃこが見せる振り付け、言葉にできないほど可愛くてやられた。昨年流行った某◯ダンスを彷彿とさせる、両手の指を前後にクイクイする仕草が反則すぎます。

あいきゃんも惜しみなく堕天ポーズをトロッコ上で披露。ダンス振り切って間奏辺りでめっちゃ跳んでらっしゃった記憶があります。悩殺です。悩殺されっぱなしです。堕天使というより、むしろ小悪魔の方が似合うかもしれない。ホンマ可愛すぎかよ………


他よりも群を抜いて良い意味でクセの強い3人が集まったユニットなので、ソロパートもより一層際立ちますね。

特に、2番後にそれぞれが掛け合うように歌うパートは聴いててたまらないものがあります。最後の『欲しいものは奪いたい Guilty Kiss♡』なんかは、あいにゃの猫を撫でるような発音に脳汁モノです。


あいきゃん・りきゃこは途中からトロッコ移動してましたが、この2人も随時投げキスしてたので間近で見れた方々はめっちゃラッキーだと思います。こっちにもキス投げてくれ。こっちだこっち。



どのユニットも非常に濃密で、満足度バリバリ高めのパートでした。円盤出たらこの辺ずっとループ再生するんだろうなあ。


──────


【後半戦】に続くずら〜。

『Aqours First Love Live!〜Step!ZERO to ONE〜DAY2』 備忘録【前半戦】



ライブから何日経ってんねん言う話ですが。


去る2月26日、横浜アリーナにて開催された『Aqours First Love Live!〜Step!ZERO to ONE〜』DAY2に参加してまいりました。


月並みではありますが、正直ライブ終了直後から一週間以上ずっと余韻を引き摺りまくっておりまして。どれくらいか例えるならば、ライブ翌日にはこの感想文に着手していたのに、いつの間にか2週間以上経過してしまっていたくらいでしょうか。普通に病気かよ。
オタクはものぐさ。


形式的なレポートは既に先駆者が多数いらっしゃるので、今回は箇条書きだらけの備忘録程度に留めようと思います。そうは思っても結局長々と書いてしまう。オタクなので。


────────────



メンバー紹介PVからの開幕即青ジャンで早速泣きかけながら黄色振ってました。オタクは主題歌を流されるとボルテージが容易に天井に届く。舞台装置もなんとなくOP映像に登場したステージを意識してるのかなあ、と思ったり。
今回のライブで初のフル尺となったダンスですが、とにかくメンバー9人とも動きがキレッキレで思わず舌を巻いてしまう。相当な練習を積んできたのでしょう、随所に努力の跡が垣間見えるキレ具合です。花丸ちゃんの猫ポーズをするたかつきんぐが可愛すぎて、この時点で既に満足度100%でした。お前が一番。

MCで杏ちゃんが曲名噛んでたのが可愛かった。




イントロでめっちゃ大きい声出た。
2曲目にして楽曲派の顔付きに変貌した。

前曲から引き続いての歌唱なので専用衣装はお預けです。恋アク衣装は個人的に好きなので、いつか再現してほしいなぁと思ったり。

同曲のPVで曜ちゃんが『ゆらゆら ゆれながら〜真珠の時計〜』の歌詞に合わせて両手をゆらゆらと揺らすワケですが、これを再現するしゅかしゅーがまぁ〜ヤバい。

『呼ばれ、ちゃ、った♡』と上げ気味に歌うすわわ超可愛い。

見せ場のヨーソロード再現が気になっていたのですが、まさかの公式サイドが花道を丸々使って再現してきたので良い意味で面食らいました。水色のグラデーションに合わせて歩いていくしゅかしゅーの姿には思わず感嘆。

会場は途中のオレンジ〜紫を挟んで終始アクアブルーに染まっていたので、サイリウムでの再現は今回はナシ。観客側でのヨーソロード再現が定着するかは今後次第なのかな。



【M3.ハミングフレンド】

意外な選曲にイントロ開始1秒で『ヒッ』って声出た。
ミニライブで披露済みなので1stでは歌わないだろうと勝手に思ってたんですが、まさかここで歌唱されるとは思わずびっくり。日替わり曲パートのようで、DAY1では『AqoursHEROES』だったようです。

Aメロ終わりの『しっかりしなって言ってくれたマイフレンド〜』の時に、きんぐがふりりんとあいきゃんの肩を抱き寄せるのが最高過ぎた。1年生組はホントに可愛い。

からの、『いや自分らめっちゃ飛ぶやん』って感じのサビ。あいきゃんがジャンプ時に堕天のポーズをちょいちょい入れてくるのがキュート。合いの手も非常に楽しいです。オゥイェー。

オゥ オゥ オゥ



【幕間ミニドラマパート】

横浜はキケンらしいぞ。
花丸ちゃんのぶっ壊れ具合すき。

SDキャラがミニドラマパートに登場するのはμ's時代からの伝統ですが、3Dモデルで髪や目が動いて表情が多彩になるなど、地味に進化してたり。ダイヤさんの黒髪が左右にムーブするところ好きすぎる。




ここから2年生組のパート。杏ちゃんとしゅかしゅーはこの後CYaRon!として出番が続くので大変。

アニメ第1話の挿入歌ですね。ススメ→トゥモロウの正統後継曲と言った感じのアップテンポナンバーで、個人的にも好きな曲です。クラップ入れまくれ。
『手に手を取って行こう!』の部分で3人が手を合わせる振り付けがポイント高いです。

重要ポイントは落ちサビのりきゃこパート。
聴き応え抜群です。




続いてアニメ第3話の挿入歌より。
体育館(講堂だったっけ)でのファーストライブでのエピソードが印象的な曲ですね。本編であの場所を埋めた人数よりももっと、ずっと多い人数を前にした上でのこの曲なので、ちょっと感慨深くもあったり。

『ジャンプだ!』の時のしゅかしゅーが可愛い。ここで跳ばなきゃいつ跳ぶの。サビのダンスも、またキレキレで良い。体力持つのか心配になるくらいカロリー高めな1曲。


この記事を書いている最中に思い出したのですが、セットリスト14曲目の【あの曲】で『一度曲が止まり歌うのをやめてしまうも、また再び歌い出す』って流れ。曲もシチュエーションも、ベクトルも違えど、我々は一度アニメ第3話で目にしていたんですね。だからこそ、【あの曲】の時に余計に想いが溢れてきてしまったんだけど。




『それは階段?それとも扉?』
3年生を除く、6人編成でのミディアムナンバー。アニメ第6話の挿入歌ですね。

この1曲の為の専用衣装での登場となったわけですが、そのドレスがとても美しい。ラメ(?)でキラキラしていて見映えするスカート部分がポイント。放送時から思ってたけど、暖色系が基本なのは曲のイメージに合わせてるのかな。

劇中での空飛ぶランタンに見立てたオレンジのサイリウムがゆらゆらと左右に揺れる様子は、スノハレの光景とはまた違った趣があり圧巻。メインモニターでもランタンが飛んでいました。

ライブ開始の約1ヶ月前に公式よりUO禁止令が出ていたので、この曲のランタン再現は云々〜といった話題が出ていたような気もしますが、今回のブレードのオレンジでも十分に色鮮やかで綺麗な光景が作られていたので特に拘る必要はないんじゃないかなと。



【幕間ミニドラマパート2】

ラーメンずら!ラーメンずら!
麺類が苦手なはずの花丸ちゃんがラーメンをゴリ推ししててビビったけど、凛ちゃんに重ねてきてるんだなと後で勝手に自分で納得した(納得させた)。

黒澤姉が完全にポンコツモード。カレーですわ!じゃあないんだよ。カレーですわ!じゃあ。




【M7.元気全開DAY!DAY!DAY!】

ここからユニット曲コーナー。
DAY2はBlu-ray曲枠になるだろうと思っていたので、イントロが流れた瞬間にガッツポーズ。(DAY1はLVも不参加だったので曲変更アリならユニット取り零すと思ってた)


その曲名の通り、元気全開なCYaRon!の御三方。
2年生組のふたりはぶっ続けで登板なのでお疲れかと思いきや、そんな素振りは一切見られず。プロだなあ。やべー。特にしゅかしゅー、スタミナの塊と呼ばざるを得ない元気っぷり。プロだなあ。すげー。ふりりんも何気にダンスのキレ半端ないです。プロだなあ。ピギィ。


そしてこれまた衣装が可愛いのなんのって。
しゅかしゅーのベレー帽がありえん可愛い。手塚治虫


杏ちゃんの胸元には3つのみかんが描かれたワッペンが。あれ〜5つな気もするけどなあ〜(最低) 
それと、しゅかしゅーが杏ちゃんのワッペンをツンツンと指指す時の絵が何だかちょっと危なげでした(何がだ)


ふりりんの衣装、ツインテにちょこんと飾られた赤いリボンも可愛いのですが、たぶん私の目が間違っていなければ衣装の腰部分(?)辺りにルビーが付いていた記憶が。芸コマだなあ。


\ウィーアーシャーロン/
この為に横アリに来た。(大言壮語)



【M8.夜空はなんでも知ってるの?】

表題曲のM7.とは正反対の、切ない雰囲気のバラード曲。個人的に好きで今回警戒してた曲でした。

杏ちゃんも『CYaRon!はギャップのあるユニット』とMCで言及していましたが、まさにその通りで。正直最初は「会場の温度差が激しいんじゃないかなあ……」と少し心配していたのですが、そんな事は全く無く。
それどころか、一気に会場の空気が変わったと言っても過言ではなかったかなと。

大事な友達と、些細な事で喧嘩してしまって。それでも素直になれず、優しくしてあげられなかった。大好きなはずなのに。お互いにすれ違ったまま。
今はただ、ごめんね。

そんな青春のすれ違いを切り取った、切なくどこか寂しい世界観の歌ですが、その曲の世界観を見事に再現していて、思わず聴き惚れてしまいました。


特筆すべきはセンターステージの演出、2番終わりのしゅかしゅーのダンス、最後の杏ちゃんの表情、の3つでしょうか。

青いサイリウムの中に白・黄・オレンジが交じる、観客の思い描く「夜空」を映し込んだステージの中で披露されるしゅかしゅーのソロダンス。これはもう本当に圧巻の一言。ギターソロに乗せて踊る姿は、その表情と合わせて、さながら報われない恋愛ストーリーのプリマドンナのようで。ダンス終わりと共にソロパートの『夜空にごめんね……』でありえん胸が痛む。泣くやんこんなん。


さらに、センターステージの演出。曲頭から3人の足元には各イメージカラーの星が光っており、動きに合わせて付いて回ります。1番サビでそれぞれの星から光の道筋が伸び、一度は繋がりトライアングルが出来上がりますが、光線は途切れ、また離れてしまって………

2番からは杏ちゃんとふりりんがトロッコに乗って移動し、3人それぞれが遠い位置で歌います。時折、光の線はそれぞれの星を目指して伸びかけますが、最後までその星同士は繋がることはなく、2人はセンターステージに帰ってくる事もなく、曲は終わりを迎えます。この時点で胸がバーーーーーーーーン張り裂けるかと思いました。


一番最後の歌詞『優しくなれなかったの 後悔してるの』の部分を歌う杏ちゃんに至ってはもう言葉にできないですね。『後悔してるの』の部分で手を伸ばして、メロディの終わりでその手をグッと掴む仕草をするわけですが……その時の表情が本当に感情が込もってまして。手を掴もうとして、掴めなかった。そんな振りにまたドキっとさせられたり。
最初から最後まで楽曲の世界観を再現する演出に引き込まれっぱなしでした。

ぶっちゃけソロダンスの時点で既にホロリ泣きしてた。終演までに何回泣いたんやマジで。




【中盤戦】に続くずら〜。


はじまります


ブログ開設前には前口上的なものを述べておけ、ということで形式的にスタート記事でも。


元々Twitterを始める前は、約4年ほどの期間『au oneブログ』にてアニメ・特撮ヒーローの感想など、日々日記を綴っておりました。いわゆるガラケー時代に存在したauユーザー向けのブログサービスでしたが、2011年にサービス終了を迎えそれと同時にブログを引退しました。
ちょうど世間にスマートフォンが普及しだした頃でしょうかね。iPhone3Gに続いて、Androidモデルが世に出始めたのもこの頃だったような気がします。今思い返すと、ガラケーユーザー切りの一端だったのかもしれません。

サービス終了発表当時は、SeeSaaブログとか云う聞いたこともないサービスへの移行が発表されましたが、サービス元でブログを続ける事に意義を感じていたので潔く更新を停止しました。Twitterも、もう数年したら同じ様な事にならん気がしなくもないですが。

この記事を書きながらふと思い出して、ブログタイトルで検索してみたら検索トップに出てきた上に、未だに閲覧可能でした。今や砂上の楼閣です。顔から火が出るほど恥ずかしいのでそっと電子の砂漠に埋まるのを待ちたいと思います。というか、パスワード忘れたからもはやログインはおろか消す事もできなくて笑ってしまう。黒歴史はいつの日も永遠に残るものです。さよなら〜。

本当は去年の春にここにブログを作っていた……けども、あるジャンルに対してのミニブログ的立ち位置だった上に、完全に機を逃したのでほぼ放置状態です。もっとマイティに行こうな。



前置きが長くなりましたが、改めてブログを始めます。実に5年振りです。140字の呟きに収まらなかった感想文をダラダラと書き綴っていきます。サブカル系感想文以外にも、日記代わり的なものにできたらよいなあ。


See you Next game.